常勝ニュース → バックナンバー

阪神・淡路大震災から23年 兵庫・大阪で阪神ルネサンス勤行会 2018年1月18日

  •  阪神・淡路大震災から23年となる17日、「阪神ルネサンスの日」勤行会が、兵庫と大阪の4会場で行われ、震災で犠牲になった全ての方々に追善の祈りをささげた。
     池田先生はメッセージを寄せ、一切を変毒為薬できる大法である妙法の大功力を厳然と証明してきた関西の友を最大にたたえた。
     兵庫池田文化会館(神戸市)の法要では、広崎総兵庫長の後、山脇美知子さんが自ら被災しながらも励ましに徹し、地域に友好を築いてきた歩みを報告。勝本関西婦人部総合長の後、山内関西長は、兵庫の友の前進は復興と希望の

伝統の2月の本部幹部会は栄光開く関西総会 2018年1月16日

  • 方面歌「常勝の空」発表40周年 アメリカ青年部と各府県で交流 関西ワールド総会も  栄光の峰へ、いざや前進!――「伝統の2月」の本部幹部会が「関西総会」の意義を込めて開催される。

福島・楢葉町で希望の絆コンサート 関西吹奏楽団が熱演 2018年1月16日

  • 友人・来賓ら700人が参加「感動をありがとう!」  音楽隊・関西吹奏楽団(吉村陽一楽団長)による「希望の絆」コンサートが14日、福島県の楢葉町コミュニティセンターで開催された。
     同町は、東日本大震災による原発事故のため、全町避難指示が発令された地域。2015年9月に避難指示が解除されたものの、住民登録人口に対する居住率は3割にとどまる(昨年末)。

福島・いわき市で「希望の絆」コンサート 2018年1月14日

  • 音楽隊・関西吹奏楽団が“日本一”の熱演  音楽隊・関西吹奏楽団(吉村陽一楽団長)による「希望の絆」コンサートが13日、福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオスで行われた。
     この日は東日本大震災から、ちょうど2500日。被災した同志をはじめ、吉野正芳復興大臣や同市の清水敏男市長ら多くの来賓・市民が鑑賞した。

新春あいさつ 拡大の実証で栄光輝く一年に 2018年1月1日

  • 「世界広布新時代 栄光の年」、おめでとうございます。明2日、卒寿(90歳)の誕生日を迎えられる池田先生と共に、晴れやかに新年を出発できました。
    関西には、忘れてはならない、いくつもの師弟の歴史が刻まれています。「大阪の戦い」から「大阪大会」を経て、〝常勝不敗の原点〟を築いた昭和31年・32年(1956年・57年)。昭和53年(1978年)の関西の歌「常勝の空」誕生以降、先生の会長辞任に怒りの声を上げ、正義の反転攻勢に駆けた日々。
    そして今こそ、新たな師弟の金字塔を打ち立てる時です。本年の7・17は、「常勝の空」発表から40周年の佳節。関西のさらなる広布拡大の勝利を、全国、全世界の友に厳然と示してまいりたい。

関西吹奏楽団 アンサンブルコンテスト方面大会進出が決定 2017年12月26日

  • 音楽隊の関西吹奏楽団が24日、八尾市文化会館プリズムホールで行われた第44回「大阪府アンサンブルコンテスト」(主催=大阪府吹奏楽連盟ほか)の「職場・一般の部」に出場。
     金賞を受賞し、明年2月に奈良県で開かれる関西大会への進出を決めた。
     新たなメンバーを加えて臨んだ今大会では、クラリネット四重奏で「サラトガ トレイルズ」(R・デュビュニョン作曲)を演奏。美しい旋律を奏でた。
     吉村陽一楽団長は力を込める。