国際交流 International

「人々を結び合わせるすべてのものは善であり、美である」(トルストイ)——国際交流といっても、その主体は人間です。故に、人間の心を通わせ、心を結んでいく行動こそ、平和の礎となるものです。関西創価学会では、池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長を先頭に、多くの世界の人々と友好の絆を築いています。

関西を舞台にして行われる創価学会の国際交流を3つの視点から紹介します。

I 池田SGI会長と海外識者との語らい

I 池田SGI会長が対談した識者は1500名を超えますが、なかでも関西を舞台に行われた「平和の語らい」の軌跡を紹介します。

I 留学生との交流

I 男女学生が中心となって日本への留学生と交流を深める様々な催しを行っています。ここでは、留学生による主張大会や音楽祭への協力を紹介します。

 
池田SGI会長と海外識者との語らい

写真:海外識者との語らい I 写真:海外識者との語らい
I
池田大作SGI(創価学会インタナショナル)会長が対談した各界の指導者は1500名を超え、30冊以上の対談集を発刊してきました。これは、「対話こそが差異を乗り越え、平和を開く王道である」との信念からもたらされたものです。ここでは関西を舞台に行われた池田SGI会長と識者の語らいの軌跡を紹介します。
I
年月日
対談相手
肩書き(当時)
国・地域
場所

1982
4/13

段文傑 敦煌研究院院長 中国
京都
1982
4/14
ルネ・ユイグ 美術史家 フランス
京都
1985
4/25
ブリズナコフ ソフィア大学総長 ブルガリア
兵庫
1985
4/26
カラン・シン ICCR(インド文化関係評議会)副会長 インド
兵庫
1987
9/27
P・ムビシ ナイロビ大学副総長 ケニア
兵庫
ウォレ・ショインカ アフリカ初のノーベル文学賞受賞作家
1989
10/11
ジョセフ・ロートブラット パグウォッシュ会議会長 イギリス
大阪
1989
10/13
ミカエル・クジン IPPNW(核戦争防止国際医師の会)会長 ソ連
大阪

1989
10/19

イアン・バターワース ロンドン大学学長 イギリス
京都
1990
10/24
ヨハン・ガルトゥング夫妻 平和学者 デンマーク
京都
1991
3/6
フェデリコ・マヨール ユネスコ事務局長 スペイン
大阪
1992
5/22
バートン・ワトソン 法華経の英訳者。元コロンビア大学教授 アメリカ
兵庫
1995
5/23
カルロス・マリオ・クレーク 国立ローマス・デ・サモーラ大学総長 アルゼンチン
兵庫
1995
5/23
ナカムラ・ヒトシ ブラジル・パラナ州環境局長 ブラジル
京都
1997
11/20
ミハエル・ゴルバチョフ夫妻 元・ソ連大統領 ロシア
大阪
1998
11/18
催喜旭 慶山市市長 韓国
京都
1999
5/21
張鏡湖 台湾・中国文化大学理事長 台湾
大阪
2000
2/27
トーレス夫妻 国立ノルデステ大学総長 アルゼンチン
兵庫



留学生との交流
I
留学生音楽祭 I 留学生音楽祭
(財)民主音楽協会(民音)が主催して、毎年秋に、大阪と京都で「留学生音楽祭」が開催されています(大阪22回・京都24回、2016年末現在)。これには、関西創価学会の男女学生の有志が協力しています。詳しくは、関西民音のホームページhttp://www.min-on-kansai.comまで。
I
留学生主張大会 I 留学生主張大会
関西創価学会の男子学生部では、日本に留学中の学生との交流を深める目的で、留学生による主張大会を開催しています。これは全国に先駆けて行われたもので、今まで3回開催されています。