常勝ニュース ?バックナンバー

きょう5・9「音楽隊の日」 2017年5月9日


  • 関西吹奏楽団の定期演奏会。「日ごろの努力が結実した演奏に、心を動かされました」などの声が寄せられた(兵庫・西宮市内で)
  •  きょう5月9日は、「音楽隊の日」。63周年を刻む記念の集いが各地で行われている。
     熊本総県の総会は6日、熊本平和会館で。
     席上、「創価熊本師子吼太鼓団」(塚本政明団長)の結成が発表された。中川健さんが、青春錬磨の模様を報告。創価熊本フェニックス吹奏楽団の森口貴大楽団長らの後、広瀬総県音楽隊長は、不撓不屈の魂を燃やし、皆が社会と広布の勝利者にと語った。
     7日には、沖縄総県の隊員会(浦添文化会館)も開かれた。
     両会合に出席した、野中音楽隊長は、師弟共戦の誇りも高く、一人一人が友に希望を送る存在にと念願した。
     同日、東北・北陸・四国などでも隊員が集い合った。
     関西音楽隊結成60周年を記念する関西吹奏楽団(吉村陽一楽団長)の定期演奏会は同日、兵庫・西宮市内で行われた。伊勢敏之氏の指揮で「紺碧の波濤」(長生淳作曲)等を、小澤俊朗氏の客演指揮で「ニライカナイの海から」(真島俊夫作曲)等を披露した。
     創価鹿児島サザンブレイズ(田川修一楽団長)のカラーガードセクションは6日、鹿児島市民文化ホールで行われた定期公演(ダンススタジオリキ主催)に出演。躍動の演技で、会場に詰め掛けた観客を魅了した。

5・5「創価学会後継者の日」原点の地で関西JOSHO(常勝)未来部大会 2017年5月6日



  • 京都さくら少年少女合唱団が元気に(4月29日、関西戸田記念講堂で)
  • 皆が2030年の主役! 誓いを果たす獅子の子に
     5月5日が近づくと、関西戸田記念講堂には大きな「こいのぼり」が掲げられる。
     今回の未来部大会当日も、青空を悠々と泳ぐその姿が、関西7府県から続々と集い来る未来っ子たちを迎えていた。
     こいのぼりの淵源はコイが急流を登り、滝を越えると竜となって空を飛んだとされる、中国の故事にある。
     かつて池田先生は、この故事にちなみ、未来部の友と一緒に、同講堂の池にコイを放流した。1976年(昭和51年)5月5日のことである。当時、関西未来部の友は深く胸に期した。“使命の大空を舞う人材に! 師匠との誓いを生涯、貫く人に!”と。
     その日、同講堂で行われた未来部・鳳雛会の記念勤行会の席上、先生は宣言した。5月3日「創価学会の日」に続く重要な日として、5月5日を「創価学会後継者の日」とすることを――。
     誓いの日から41年。“後継者の日”原点の地で行われた未来部大会に、先生は万感のメッセージを寄せた。
     「私が人生を懸けて築き上げた常勝関西からこそ、未来を担い立つ真の弟子が、必ず陸続と躍り出ることを大確信している」
     「『わが生命の誉れの分身である関西未来部を見よ!』と、胸を張って叫びたい」
     第1部の司会、西郡拓海君(小学6年)・田中美羽さん(同)の爽やかな声で、大会は幕を開けた。ステージに未来の主役たちが陸続と躍り出る。少年少女部の合唱団が歌い、音楽隊が奏で、友情出演の関西創価高校ダンス部が舞う。
     第2部の司会は好井匠人さん(高校2年)・吉井奏さん(同3年)が朗らかに。ドラム演奏や活動報告などに加え、社会で活躍する先輩の体験発表も。
     一つ一つの演目が終わるたび、拍手と歓声が会場を包む。笑顔が広がる。「関西は家族です。そこに大きな力がある」と、池田先生がたたえたままの世界が、そこにはあった。
     なぜ関西は“常勝”であり続けられるのか――それは、親から子へ、世代から世代へと創価の“獅子の心”が継承されているからにほかならない。
     大会の終盤を飾ったのは、万歳の三唱だった。学会創立100周年の2030年を目指し、自身の勝利を、親孝行を、関西未来部の栄光と常勝を誓って、師に届けとばかりに、「ばんざーい!」――希望の未来を確信させる快哉が、関西戸田記念講堂に響きわたった。

遥かなるルネサンス展 兵庫・神戸市立博物館で開幕 7月17日まで 2017年4月22日


  • 記念のテープカットを。右から東京富士美術館の池田首席参事、ウフィツィ美術館のシュミット館長、久元喜造神戸市長、神戸新聞社の高士薫代表取締役社長、毎日放送・事業局文化事業統括の大橋篤則氏、朝日新聞社・企画事業本部大阪選任本部長の鈴木直哉氏(神戸市立博物館で)
  •  東京富士美術館の企画展「遥かなるルネサンス――天正遣欧少年使節がたどったイタリア」関西展が21日、兵庫・神戸市立博物館で開幕した(主催=同博物館、神戸新聞社、MBS、朝日新聞社。後援=外務省、イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館。特別協力=ウフィツィ美術館等)。開幕式では、本展の学術総監修者であるイタリア・ウフィツィ美術館のアイケ・D・シュミット館長らがあいさつした。一般公開は、きょうから7月17日まで。

     ルネサンスの息吹が薫る最高峰の芸術作品が、港町・神戸に集まった。
     会場に入るとまず、宝石のラピスラズリが一面にあしらわれた「テーブル天板」に目を奪われる。トスカーナ・リヴォルノの港のにぎわいを模したもの。1585年3月、日本からの「天正遣欧少年使節」が、イタリアへの第一歩をしるした街である。
     4人の少年使節は、その後、ピサ、フィレンツェ、ローマ、ベネチア、ミラノ等と約5カ月間にわたり各地を訪れた。
     本展は、その足跡をたどりつつ、彼らが目にしたであろう作品等を紹介。イタリアを代表するウフィツィ美術館の所蔵品を中心に、絵画、工芸品、彫刻、タペストリーなど、約70点の至宝を展示する。
     中でも「ビア・デ・メディチの肖像」は、470年以上にわたってフィレンツェの外に出たことがなかった名作。今回が本邦初公開となった。

大阪で池田大作と中国展 2017年4月19日


  • 多くの来場者が展示を観賞。守口門真日本中国友好協会の原正和会長は「幅広く活動を展開されている創価学会青年部と、今後も意見交換し、関係を深めていきたい」と語った(守口市内で)
  • もりかど日中産業展の一環
     「もりかど日中産業展2017」(主催=守口門真日本中国友好協会)が18日、大阪・守口市民体育館で行われ、関西青年部が「理解・友誼・平和――池田大作と中国展」のパネルを出展した(あす午後5時まで)。
     展示では、池田先生の日中友好の足跡を紹介。30代の中国人男性は「池田氏の中日国交正常化提言は、高校の授業で学びました。周恩来総理との会見は日本の友人から聞いたことがありましたが、今回の展示を見て、あらためて重要な歴史だと思いました」と感想を寄せた。

誼の大河を万代へ 創価大学「周桜観桜会」 2017年4月11日


  • 創大キャンパスで今年も咲き誇る周桜。日中友好への思いを、見る人に伝える
  •  創価大学伝統の「周桜観桜会」が9日、東京・八王子市のキャンパスで開催された。
     日中国交正常化45周年を寿ぐ観桜会には、劉少賓公使はじめ中国大使館一行、周恩来総理のめいに当たる周秉宜氏ら親族一行のほか、中国の池田思想研究者訪日団、同国で池田思想を学ぶ学生の代表ら多くの来賓が出席した。
     恵みの雨に、ひときわ美しく咲き誇る「周桜」。変わらぬ日中友好のシンボルとして愛され続けている。
     この桜が植樹されたのは1975年(昭和50年)。前年の12月5日に実現した一期一会の会見で「50数年前、私は、桜の咲くころに日本を発ちました」と語った周総理の心をくみ、池田先生が提案。創大に学ぶ第1期の中国人留学生らの手で植えられた。
     本年は周総理の日本留学100周年の佳節であり、総理の心をとどめる桜を見ようと、来客が相次いでいる。
     式典では、田代理事長、創大中国研究会の福岡賢一部長があいさつし、日本舞踊部と箏曲部、パイオニア吹奏楽団が演目を披露。馬場学長は、創立者の池田先生の築いた両国友好の「金の橋」を一段と強固にしていきたいと述べた。
     あいさつに立った周氏は、周総理と池田先生は共に“中国と日本の友好はアジアと世界の平和と安定の基礎である”と考えていたと強調。「皆さまと手を携え、周総理が願われた両国人民の平和と友好のために引き続き奮闘していきたい」と述べた。
     続いて登壇した劉公使は、国交正常化45周年の本年、日中平和友好条約の締結40周年の明年と節目を刻む今、周総理と池田先生が心血を注いだ友好への戦いを忘れず、万代にわたる友誼の大河を開いていこうと語った。

関西創価学園の「新・金星寮」が完成 2017年4月8日


  • 「創価の金星 勝ちまくれ」――完成した新「金星寮」。この「我らの城」から、日本の指導者、世界の指導者が陸続と育ちゆく!
  • 世界の俊英と学ぶ創価学園 日本全国、海外から寮生が集う
     創価学園創立50周年を迎える2017年度がいよいよ開幕!――社会に貢献するグローバル人材の育成を目指し、世界の俊英と共に学びゆく環境が、一段と整えられている。
     関西創価中学・高校(大阪・交野市)に、新「金星寮」が堂々と完成した。
     高校硬式野球部のビクトリー寮も統合された新寮は6階建て。温かみのあるデザインが目を引く。
     玄関を入ると、開放感のある吹き抜けのエントランスホールが正面に。自然光が明るく降り注ぐ。
     各階には、学習室と寝室に分かれた4人部屋の寮室が設置。そのほか、浴室や食堂、図書室、大集会室などが整備された。
     新年度を迎えた寮には、北は北海道から、南は沖縄まで、日本全国から集った友、さらにアメリカやインド、タイから入寮する友の姿があった。
     学園創立者の池田大作先生は、かつて金星寮を訪れ、寮生たちに呼び掛けた。「どんな時代、どんな立場になろうとも、君よ、金星の如く光り輝き、社会を照らし、友を照らす存在であれ!」
     寮生たちは、創立者への“金の誓い”を一段と燃え上がらせ、新しい生活をスタートさせていた。