常勝ニュース

関西創価学会(そうかがっかい)の話題やニュースを聖教新聞からの転載を中心に随時掲載してまいります。

2017年のノーベル平和賞 ICANの事務局長が総本部を訪問 2018年1月18日

  • フィン事務局長と川崎国際運営委員を青年部の代表が歓迎。同事務局長は、芳名録に「SGIとの緊密なパートナーシップと友情を持てたことを大変、光栄に思います。平和と核軍縮のために、これからも共に働き続けていきましょう」と(本部別館で)
  • 原田会長、池田主任副会長らが歓迎  2017年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)」のベアトリス・フィン事務局長、川崎哲国際運営委員が17日午後、東京・信濃町の総本部を訪問。原田会長、池田主任副会長、笠貫SGI(創価学会インタナショナル)女性部長、寺崎同平和運動総局長らが歓迎し、「核兵器のない世界」の実現に向けて、一段と協力を深めていくことを約し合った。

     12日に来日し、長崎、広島、東京と精力的に諸行事に参加してきたフィン事務局長。実質的な滞在最終日の総本部訪問となった。
     冒頭、池田主任副会長から、総本部訪問への感謝とノーベル平和賞受賞を祝福する池田大作先生の伝言が紹介された。
     語らいでは、原田会長が、昨年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」の実現におけるICANの貢献を称賛。また2007年以来の国際パートナーであるSGIにとっても、ICANのノーベル平和賞受賞は大きな喜びであると語った。
     フィン事務局長は、「祝意の言葉をいただき、ありがとうございます。ですが、皆さんもICANですから、私からも“おめでとうございます”と申し上げたいと思います」と笑顔で応じつつ、核兵器の非人道性に対する認識の国際的な普及や宗教コミュニティーとしての取り組みの中で、SGIが大きな力になってきたと言及。「友情に根差したICANとSGIの緊密な連携が、禁止条約の実現、またノーベル平和賞の受賞につながったと思います」と述べた。
     また、核兵器禁止条約の採択を経て核兵器を取り巻く状況は新しい段階に入ったとし、条約を早期に発効させること、条約に入らない国に対する働きかけが課題であると指摘。
     禁止条約の発効には世界各地の市民の声が重要であり、“核兵器に対する価値観”に大きな影響を与える宗教組織は、特に条約に参加しようとしない国に対しては大きな役割を担っている。ゆえに、世界にネットワークを持つFBO(信仰を基盤とした団体)であるSGIには一段と大きな役割が期待されている――と述べ、「皆さんとの友情と協力を一段と深めていきたい」と力を込めた。
     会見後の懇談では、フィン事務局長が二人の子どもを持つ母親であることも話題に。笠貫SGI女性部長が労をねぎらうと、フィン事務局長は「被爆者の方々の幼い頃の悲惨な体験を聞くにつけ、自分の子どもたちを、そのような状況下に絶対に置いてはならないとの思いを強くしてきました」と語った。

阪神・淡路大震災から23年 兵庫・大阪で阪神ルネサンス勤行会 2018年1月18日

  • 兵庫池田文化会館で厳粛に行われた勤行会。毎年、鹿児島・指宿の友から届けられる菜の花が会場を彩った
  •  阪神・淡路大震災から23年となる17日、「阪神ルネサンスの日」勤行会が、兵庫と大阪の4会場で行われ、震災で犠牲になった全ての方々に追善の祈りをささげた。
     池田先生はメッセージを寄せ、一切を変毒為薬できる大法である妙法の大功力を厳然と証明してきた関西の友を最大にたたえた。
     兵庫池田文化会館(神戸市)の法要では、広崎総兵庫長の後、山脇美知子さんが自ら被災しながらも励ましに徹し、地域に友好を築いてきた歩みを報告。勝本関西婦人部総合長の後、山内関西長は、兵庫の友の前進は復興と希望の象徴であると強調し、「世界に勇気を送る幸福の拡大に挑もう」と訴えた。
     長田文化会館(同)の勤行会では、赤尾文子さんが、苦難を乗り越え、励ましの輪を広げてきた模様を語り、横田副会長、直里関西婦人部長、西山同総合長が励ました。
     西宮平和講堂(西宮市)では、山嵜松枝さんが友の励ましに奮闘しながら、小学校時代の恩師に弘教を実らせた喜びを報告。手島副会長、松原総兵庫総合婦人部長、河原副会長があいさつした。
     関西文化会館(大阪市)の法要では、岡本総大阪長、徳渕同婦人部長、藤原関西副総主事が激励した。

伝統の2月の本部幹部会は栄光開く関西総会 2018年1月16日

  • 中之島の大阪市中央公会堂(手前の建物)。大阪大会(57年7月17日)が開かれた常勝不敗の原点の地
  • 方面歌「常勝の空」発表40周年
    アメリカ青年部と各府県で交流 関西ワールド総会も
     栄光の峰へ、いざや前進!――「伝統の2月」の本部幹部会が「関西総会」の意義を込めて開催される。
     本年は、関西の方面歌「常勝の空」(山本伸一作詞)の発表40周年。
     「君と我とは 久遠より」「護りに護らん 我が友を」――池田大作先生の、共に広布の錦州城を築いたあの友この友への思いがほとばしる「常勝の空」は、1978年(昭和53年)7月17日に発表されて以来、いつも関西の同志を励ましてきた。
     今回の総会は、この佳節を記念し、関西が永遠に師弟直結で進みゆく「誓願」の舞台となる。
     また総会と併せて、来日する約200人のアメリカSGI(創価学会インタナショナル)青年部との交流交歓会が、「世界広布新時代 関西ワールド総会」として各府県の10会場で開かれる。
     小説『人間革命』等を通じて、56年(同31年)の「大阪の戦い」、57年(同32年)の「大阪事件」と「大阪大会」をはじめ、池田先生の若き日の闘争を学んできた世界の同志にとって、関西は憧れの天地。
     関西の栄えある冠である「常勝」は今、「Josho」として、そのまま各国で、師弟共戦を誓う同志の合言葉ともなっている。
     池田先生のもと進められてきたのが、関西とアメリカの交流であり、ワールド総会は、この絆を後継の青年たちが継承する機会ともなろう。
     「常勝の空」発表の模様が描かれた小説『新・人間革命』第28巻「広宣譜」の章に、池田先生はこうつづっている。
     「愛する、愛する関西の同志よ! 未来永劫に関西は、正義の旗が高らかに翻る常勝の都であれ! 民衆を守り抜く人間讃歌の都であれ! 関西がある限り、学会は盤石だ!」
     このあふれる師の期待に断じて応えるべく、関西では今、間近に迫った総会を目指し、全ブロックが拡大の金字塔を打ち立てることを目指し、壮年・婦人部と男女青年部が一体となって、弘教と人材の拡大へ「前進また前進」を続ける。
     山内関西長、直里婦人部長は、代表して決意を語る。
     「皆が師匠への求道心を燃やし、“栄光の年”を大拡大で先駆していきます。そして、常勝の関西魂を世界へと示します!」

福島・楢葉町で希望の絆コンサート 関西吹奏楽団が熱演 2018年1月16日

  • 「希望の絆」コンサートでは、合唱も披露された(楢葉町コミュニティセンターで)
  • 友人・来賓ら700人が参加「感動をありがとう!」  音楽隊・関西吹奏楽団(吉村陽一楽団長)による「希望の絆」コンサートが14日、福島県の楢葉町コミュニティセンターで開催された。
     同町は、東日本大震災による原発事故のため、全町避難指示が発令された地域。2015年9月に避難指示が解除されたものの、住民登録人口に対する居住率は3割にとどまる(昨年末)。
     同コンサートが、この地で行われるのは今回が初めて。公演には地元の同志や、やむなく故郷を離れたメンバーをはじめ、多くの友人や来賓など約700人が集った。
     コンサートでは、関西吹奏楽団が渾身のステージを繰り広げた。各楽器を、参加者にもなじみ深い童謡などを通して紹介したり、“日本一”の実力をにじませた繊細なクラシックを演奏したりと、誰もが親しみを持てる工夫に会場の雰囲気は一体になった。
     中でも、一番の盛り上がりを見せたのは「まいどおおきに! 関吹ミュージックフェア」と題した演目だ。
     一世を風靡した女性アイドルグループの曲や、昭和の大ヒット曲、アニメの主題歌などをメドレーで披露。その音色に合わせてアイドルやアニメのキャラクターに扮したメンバーが歌って踊る。
     “この瞬間だけでも、腹を抱えて笑ってもらいたい”。その一心で全力を注ぐ楽団員に、見栄や気取りは微塵もない。

     ◇◆◇ 

     「笑い過ぎたせいか、関吹の真心に感動したせいか涙が止まらなくって」――そう語るのは、渡辺とみ枝さん(支部副婦人部長)。避難指示解除後、真っ先に夫・正尉さん(副本部長)と楢葉町に帰った。
     きょうを迎えるまで母や姉との死別、また故郷を離れた親友らとの多くの別れを経験してきた。しかし、くじけそうになる時には、いつも寄り添い続けてくれる同志がいた。
     その温かさに、自分にできることから始めようと、正尉さんや地域の友と共に、地元の竜田駅周辺に、ヒマワリやチューリップなどの花を植えている。
     「私にできる“希望の絆”を結ぼう」。そうした思いでコンサートに誘った友人は13人。その全員が、会場に足を運んだ。

     ◇◆◇ 

     コンサートの最後には、学会歌「常勝の空」「青葉の誓い」「母」の3曲を熱演した。
     これまで培ってきた音楽への情熱や技術の全てを注ぎ込んだ一音一音。場内には目頭を押さえる人、鼻をすする人の姿があった。
     演奏を終えた楽団員の元には感想が記された多くのアンケートが集まった。
     「夫婦できょうから“絆”を強めて前進していけます。感動をありがとう」
     「やっぱし、音楽っていいなあ。明日からまた、がんばっぺ!」
     束になったアンケートを手にした楽団員が、目に涙を浮かべて語っていた。
     「きょうのために、自分たちは音楽隊に入ったんやと思う。さらに心と技術を磨いて、被災地が復興を果たすその日まで、希望の音色を奏で続けていきます!」

福島・いわき市で「希望の絆」コンサート 2018年1月14日

  • 関西吹奏楽団の圧巻の演奏が響いた「希望の絆」コンサート(いわき芸術文化交流館アリオスで)
  • 音楽隊・関西吹奏楽団が“日本一”の熱演  音楽隊・関西吹奏楽団(吉村陽一楽団長)による「希望の絆」コンサートが13日、福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオスで行われた。
     この日は東日本大震災から、ちょうど2500日。被災した同志をはじめ、吉野正芳復興大臣や同市の清水敏男市長ら多くの来賓・市民が鑑賞した。
     同楽団が東北を訪れるのは2015、16年に続いて3度目。そのたびに、“日本一”を勝ち取って帰ってくる。こう誓って心と技を磨いてきた。昨年の全国大会で4年連続の「金賞」に輝き、誓いを果たして迎えた今回のコンサートは、全国大会の課題曲「マーチ・シャイニング・ロード」(木内涼作曲)で開幕。重厚感ある演目やユーモアを交えた曲など、笑いあり、涙ありのステージとなった。
     あいさつに立った吉野大臣は「復興のために不可欠な『希望』と『元気』をいただきました」と語った。
     また同日、いわき文化会館でもコンサートが開かれた。

新春あいさつ 拡大の実証で栄光輝く一年に 2018年1月1日

  • 後列左から時計回りに、竹本男子部長、落合青年部長、米澤学生部長、松下女子学生部長、山内関西長、直里婦人部長、堀女子部長
  • 「世界広布新時代 栄光の年」、おめでとうございます。明2日、卒寿(90歳)の誕生日を迎えられる池田先生と共に、晴れやかに新年を出発できました。
    関西には、忘れてはならない、いくつもの師弟の歴史が刻まれています。「大阪の戦い」から「大阪大会」を経て、〝常勝不敗の原点〟を築いた昭和31年・32年(1956年・57年)。昭和53年(1978年)の関西の歌「常勝の空」誕生以降、先生の会長辞任に怒りの声を上げ、正義の反転攻勢に駆けた日々。
    そして今こそ、新たな師弟の金字塔を打ち立てる時です。本年の7・17は、「常勝の空」発表から40周年の佳節。関西のさらなる広布拡大の勝利を、全国、全世界の友に厳然と示してまいりたい。
    「いざや前進 恐れなく」と勇敢に広布に走り、栄光に輝くこの一年を飾りましょう。2月の関西総会(本部幹部会)を、大拡大の実証で迎えてまいりたい。そして7月を目指し、一人一人が〝師弟の凱歌〟を響かせようではありませんか!