常勝ニュース

関西創価学会(そうかがっかい)の話題やニュースを聖教新聞からの転載を中心に随時掲載してまいります。

東京富士美術館の所蔵作品 「百花繚乱」展が好評 2019年9月6日

  • 「百花繚乱」展で公開されている屛風絵。壮大な作品の前で、多くの来場者が足を止めていた(京都文化博物館で)
  • 京都文化博物館で9月29日まで  京都市の京都文化博物館で開催中の「百花繚乱 ニッポン×ビジュツ展」が好評である(今月29日まで)。
     国際博物館会議(ICOM)京都大会と、京都新聞創刊140年を記念して企画された同展。東京富士美術館が所蔵する日本美術の名品が並ぶ。
     鑑賞者からは「海外の方を含め日本文化を知るにはうってつけの展覧会」「VR(仮想現実)技術を使った見せ方が面白い」などの声が寄せられている。
     【案内】
     ▽会期=9月29日(日)まで。同9日(月)、同17日(火)、同24日(火)は休館。
     ▽開館時間=午前10時~午後6時(金曜日は午後7時半まで開館。入場はいずれの日も閉館の30分前まで)。
     ※入場料等の詳細は特設サイト=https://www.fujibi.or.jp/hyakkaryotan/を参照。